福岡県立浮羽究真館高校同窓会 活動
 
 
 
 
 平成29年度同窓会活動報告(最新順)
 
03月03日 第10回同窓会、PTA、職員合同コンペ開催(2018年)
ローレル日田カントリークラブにて205名の参加のもと合同コンペが開催
されました。
早朝より夕方までプレーが続きました。
10回目の記念大会 優勝者本田 智氏(S55卒)が2連覇となりました。
おめでとうございます。
 なお、今コンペに沢山の御協賛をいただいた皆様にお礼申し上げます。
今年の実行委員会のメンバーにもお手伝い頂きありがとうございました。
来年の予定は平成31年3月2日(土)「日田国際カントリークラブです。
ご参加よろしくお願い致します。
 
02月28日 同窓会入会式(2018年)
浮羽究真館高等学校体育館にて同窓会入会式が行われました。
石井勝則同窓会会長、堤、熊野、北川副会長及びブロック長2名 計6名の
役員参加の基無事に終了致しました。
29年度は187名の入会となり新たな同窓会の後輩ができた事になります。
同窓会より卒業記念として「卒業証書入れホルダー」を贈呈いたしました。
 平成27年度同窓会活動報告(最新順)
07月15日 27年度第1回の理事会が開催されました。(2015年)
総会実行委員会より総会の総括報告がありました。
チケット販売や広告協賛には〔同窓生の協力を頂いた後、会計報告の説明が
ありました。
28年度の総会実行委員会の紹介がありました。
 
部活助成については下記のとおりです。
野球部 ピッチングマシーンの修理 1台
トスバッティング用ネット 3台
ラグビー部 タックル用ソフトダミー 10台
吹奏楽部 コンサートブロッケン 1台
写真部 カメラニコンD-3300 1台
費用は総計 904,120円です
06月06日 大運動会が開催されました。(2015年)
今年から例年9月末に開催の時期を変更し6月に行われることになり、曇りの天候でしたが生徒諸君が企画した各競技に懸命に取り組んでいました。特に最後の競技、応援合戦は見る人に感動を与え、見ごたえのある競技でした。
 
05月17日 平成27年度の本部総会が行われました。(2015年)
総会に提案されました第1号〜5号までの議案は賛成多数にて承認されました。
講演会は会場満員の中、講師には全ソフトバンク監督の秋山幸二氏とフリーアナウンサー鬼橋美智子さんとのトークショーで進められました。
最後には、小中高生の野球部員が壇上に上がり実技指導が行われました。
親睦会にはマツヤ会館に会場一杯の同窓生が参加いただきました。
秋山幸二氏の講演会
親睦会
来年実行委員会へ引き継ぎ
 
04月28日 理事会が開催されました。(2015年)
総会に提案の諸事項について審議されました。
 
04月20日 26年度の同窓会会計の監査がおこなわれました。(2015年)
このページトップへ
 平成26年度同窓会活動報告(最新順)
 
03月07日 恒例になりました合同ゴルフ大会が行われました。(2015年)
  第7回の合同ゴルフ大会は121名参加いただき日田国際で行われました。
当日は山あり谷ありの難コースで珍プレー好プレーが見られましたが、和気あいあいで楽しい一日でした。
優勝は高11回生同窓会長の石井勝則氏でした。この大会にたくさんの賞品を寄贈頂いた皆様にお礼を申し上げます。
 
02月27日 入会式(2015年)
  3月に卒業の3年生189名は卒業と同時に同窓会正会員として入会しその入会式が挙行されました。
 
02月11日 ヘルシンキ五輪競泳代表の後藤先輩より銀メダルを寄贈頂きました(2015年)
1952年のオリンピックに出場し競泳4×200m自由形リレーで2位となり、獲得した銀メダルと表彰状の寄贈がありました。後藤先輩は朝倉町出身で3年生の時に第3泳者に選ばれ米国に次いで2位となり頂いたものです。又後藤先輩は100m自由形にも出場し4位に入賞されました。
寄贈頂いた表彰状は各支部総会にも展示し在校生にも披露しました。
 
01月10日 第7回合同ゴルフコンペ開催について。(2015年)
恒例となりました、合同ゴルフコンペは3月7日(土)日田国際ゴルフ倶楽部にて
開催することになり現在参加者を募集しています。
いつもの通り、たくさんの景品を準備しており、皆様の参加をお待ちしており
ます。参加希望の方は2月16日までに学校事務局TEL0943-75-3899まで
ご連絡お待ちしております。
 
12月18日 第2回同窓会理事会を開催。(2014年)
(1) 2015年5月17日(日)開催の総会について
イ 今年の講演は前ソフトバンク監督、秋山幸二氏となりました。
ロ チケット等は2月20日を目標に進める様要望。

(2) 久大線新駅の経過報告
 署名はお蔭様で30,000名を超えた、お礼を申し上げる。
 新駅の乗客が800人〜1,000人がJRの希望であり、久留米市と
 うきは市が協調して取り組むことになった。
 
(3) 創立10周年式典報告
 26年11月8日行われ、同窓会より櫂の木説明石碑、
 究真館卒業生名簿作成等の費用約800,000円ほど支援した。
(4) 広報誌「宇枳波」第9号は27/2/20までに完成予定。
 
(5) 浮羽高第4回卒の後藤暢(とおる)氏よりヘルシンキオリンピックで受賞した
銀メダル(男子水泳800m自由形リレー)を寄贈したいとの申し出があり、
ありがたく頂くこととした。
 
11月08日 創立10周年記念式典について。(2014年)
浮羽究真館高校は今年創立10周年となり記念式典が開催された。式典には
在校生、職員、同窓会、PTAの他、関係者が出席して挙行されました。
田中校長より、母体行の伝統を引き継ぎ努力するとの挨拶の他石井同窓会会長
からも祝辞がありました。
式典後、地元企業筑水キャニコムの包行会長から記念講演がありました。
 
07月16日 部活動助成品贈呈式を行いました。(2014年)
26年度の部活動助成品を各部へ同窓会役員が出席して行われました。
助成品の明細は7月14日の理事会報告の通りです。
 
07月14日 26年度第1回理事会が開催されました。(2014年)
冒頭、石井会長より26年度総会実行委員会の役員に対してねぎらいの言葉あり。
議事
(1) 26年度実行委員会より総会の総括報告
地元在住の同窓生が少ないことや、雨天時の駐車場の心配、開催時期が地元行事と重なることなど問題はあったが最後まであきらめず全力で取り組み、先輩の手助けもあり何とか成功裏に終えることができた。
浮羽高校と浮羽東高校の同窓生が共に協力したことで、お互いの垣根を超えることが出来、今後の同窓会につなげたいとの報告。
26年度の実行委員会の皆さんご苦労様でした。
 
(2) 27年度実行委員の紹介
実行委員長は岩佐 憲一朗氏(高39回卒)ほか4名の自己紹介あり。
組織を早く立ち上げ活動するようお願いする。
 
(3) 平成26年度部活助成の紹介
下記の通りです。
吹奏楽部・・・・・ チューバ
写真部・・・・・・・ パソコン
卓球部・・・・・・・ ロボポン(ロボット式練習機)
野球部・・・・・・・ バットとボール(創立10周年招待試合用)
ラクビー部・・・・・ ボールとペナント(創立10周年招待試合用)
                総額 834,037円
(4) JR新駅推進状況について
署名簿まとめは6月末現在29,300名となった。
7月16日第5回の協議会を開催予定である。
(5) その他
田中学校長よりスクールバスの運行について報告あり。
運行ルートは北野、大刀洗方面であり現時点でのバス利用者は15名との事。
 
06月21日 吹奏楽部の定期演奏会が開催されました。(2014年)
恒例の演奏会が吉井の白壁ホールにて開催され会場一杯のお客様の中で堂々と演奏して最後にはアンコールにもこたえていました。
 
06月02日 浮羽究真館高校創立100周年記念行事についてお知らせ(2014年)
今年は創立10周年を迎えるにあたり、様々な行事が計画されています。
6月7日には文化祭、6月14日は鹿児島の神村学園高校との野球招待試合、
7月5日は山口の大津緑洋高校とのラグビー招待試合、最後に式典は11月8日に計画されております。
 
05月18日 本部同窓会総会開催(2014年)
平成26年度の総会は浮羽高校38回生と浮羽東高校22回生が実行委員を組織し山下尚氏を委員長に、私たちの結束力「つながる」そして「つなげる」をスローガンに準備を進めてきました。当初、地元在住の同窓生が少なく苦戦していたようですが、徐々に協力体制が整い心配していましたチケット販売も何とか目標に近づいたようでした。お蔭様で大変盛会な総会がが出来ました。
実行委員の皆さんお疲れ様でした。
総会am9時30分〜10時30分
議長に浮高28回生、竹上和幸氏と浮東12回生、重富百合子氏を選出
第1号議案 平成25年度事業報告
第2号議案 平成25年度収支決算書、基本財産決算、周年財産積立金
                 会計報告及び監査報告
第3号議案 平成25年度100周年事業会計報告及び監査報告
第4号議案 役員承認
第5号議案 平成26年度運営方針案、事業計画案、及び予算案
以上1〜5号議案について審議頂き皆様の承認をいただきました。
講演会はam11時〜12時30分
講師は女優の東ちづる氏で演題は「心豊かに自分らしく生きる」との講演でした。皆さんにも大変好評でした。
親睦会 pm1時〜3時
会場をマツヤ会館に移し会場一杯の300人の同窓生で大盛会でした。
実行委員が準備した余興や宿泊券が当たる抽選会などで2時間はあっという間に過ぎていきました。
来年も皆様にご協力いただき盛会な同窓会になるようお願いいたします。
 
04月30日 第5回同窓会理事会が開催されました。(2014年)
総会実行委員会より準備状況について報告有。
広告協賛は目標通り、チケット販売は目標の50%程度、最後の追い込みで頑張る。
駐車場の確保は例年通り確保した。
総会提案の議案について
25年度事業報告、決算報告、役員改選、26年度運営方針、事業計画、予算案について提示。審議の結果、原案通り理事会承認となった。
浮羽究真館高校創立10周年記念事業について
学校より詳細な実施項目と必要経費の説明あり。審議の結果、講演料、卒業生の名簿作成料、櫂の木の説明碑、以上3点について予算800千円程度の支出とすることで承認。
 
04月18日 同窓会会計監査が実施されました。(2014年)
平成25年度(25年4月1日〜26年3月31日)の会計について國武、樋口両監事により監査が実施されました。
監査の結果いずれも収支とも適切で相違ないとの結果でした。
このページトップへ
 平成25年度同窓会活動報告(最新順)
 
03月08日 恒例の合同ゴルフコンペが開催されました。(2014年)
今年で第6回目の同窓会、PTA、学校、合同のゴルフコンペがローレル日田カントリークラブにて開催され、127名の参加で、盛会に行われました。
優勝は天野敏光氏(東2)でした。例年通り沢山の商品も準備でき、皆さんに喜んでいただくことが出来ました。又来年もご参加ください。
 
03月01日 第7回の卒業式がが行われました。(2014年)
本年度は183名が卒業されました。
同窓会の石井会長からもお祝いのメッセージがありました。
 
02月28日 同窓会への入会式が行われました。(2014年)
明日卒業される183名が同窓会正会員として入会されました。
 
02月21日 第4回同窓会理事会が開催されました。(2014年)
(1) 総会実行委員会より総会準備状況について報告あり。
講演は女優の東ちづる氏に決定。演題は「心豊かに自分らしく生きる」
チケットの販売開始については3月10日とする。
(2) 役員選考委員会の立ち上げ
平成26年度は同窓会役員の改選であり選考委員会の選任の結果、委員長に浮羽ブロック長の平川氏、委員には碓井、大熊、岩下の各ブロック長とする。
(3) その他
同窓会館の耐震補強工事は2月末までに終了する。
浮羽究真館高校は本年で10周年目の節目である。11月8日に記念式典を予定している。その他記念誌発行や記念講演、卒業生の名簿作成等々である。ついては同窓会からもご支援願いたいとの要請あり。
次回理事会には具体的に説明するのでよろしくとの事。
 
12月17日 第3回の理事会が開催されました。(2013年)
(1) 平成26年度本部総会の準備状況について報告
広告協賛金のお願いについては年内に要請文書完成予定。
1月より活動を開始する。
(2) 講演会の講師については現在候補者選定して交渉中である。何とか
年内には決定したいと思う。
(3) 石井会長より実行委員の集まり状況はどうか?5月18日の本部総会に
向け全力で取り組むよう指示があった。
JR新駅の進捗状況について報告がありました。
(1) 現在駅設置の署名活動について各ブロック及び支部より報告があった。
それによると近郊集落及び学校関係又企業については順調、同窓会
各支部、ブロックについては遅れが目立つ。12月末をめどに頑張って
頂きたい。
(2) 同窓会館について
同窓会館については耐震補強工事が県の予算で11月より開始され、
26年2月末までに完成の予定である。工事内容については鉄筋補強
のほか、屋根、外壁、内部壁などの全面リニューアルであります。
(3) 100周年記念の寄付金については同窓会が引き継いでいるが、同窓
会館は上記の通りであり今後、学校の発展や同窓会の活性化に
つながるような有効な事業に活用させていただく旨の文書を寄付金を
寄せていただいた方にお願いいたしました。
 
09月21日 関西支部総会が開催されました。(2013年)
大阪市内の東急インホテルにて24名の参加で開催されました。
少人数ですが今年は久しぶりの同窓生も参加された様子で和気あいあいの中、
盛会に終了しました。
来年は節目の第50回の開催となります。関西在住の皆さん、同期の方を一人でも
多くお誘いして是非参加して下さい。
 
09月19日 第2回の理事会が開催されました。(2013年)
(1) 冒頭に石井会長より今年の大運動会は短期間の練習でよく仕上がり
素晴らしかった。田中校長より来年は浮羽究真館高校創立10周年を
迎える。今後ともよろしくとの挨拶がありました。
(2) 新駅設置の署名活動については本日署名用紙を配布する。12月末を
目標にお願いしたい、目標は30,000名であります。
(3) 新駅の課題は乗客確保である。最低400名の乗客が必要であり近郊
集落及び企業又学校等に対してアンケート調査を実施する。
 
07月17日 第1回の理事会が開催されました。(2013年)
議題 1 同窓会の総括
今年度実行委員より総会全般の総括報告がありました。
(1) 総会券、親睦会券、広告協賛、いずれも会員みなさんの協力もあり過去最高であった。講演者が早期に決定したこともよかった。
(2) 昭和61年卒業の同期生が総会当日180名参加して運営にあたることが出来概ねうまく運営できたと考えている。
(3) 当時は朝から雨模様で駐車場の案内等に問題あるようだ。体育館に空調設備がないこと、身障者受け入れ等については今後の課題。
議題 2 平成26年度同窓会実行委員の紹介
実行委員長は 山下 尚 氏 副実行委員長が 坂本 二郎 氏
事務局長は 出利葉 隆之 氏の紹介あり。
本年度の報告書を参考に組織を早期に作り、講師の選定や交渉を早くして頂きたい。
議題 3 部活動助成の報告
内容は7月3日の通りです。
議題 4 JR新駅設置推進協議会の状況報告
7月29日に第3回の協議会が開催される。
駅候補地の最終確認や署名活動について、協議予定。
関係機関との報連相が時間を要しているのが現状。項目別に目標を立て前に進めるようにしたい。
議題 5 同窓会館について
現在の建物は県の負担で耐震補強工事が今年11月から行われることになり来年3月までに完成されることになった。100周年基金の使途について協議した。
 
07月03日 部活動助成品の贈呈式が行われました。(2013年)
本年度の部活動助成は下記の通りです。
水泳部へ プール掃除機 1台
野球部へ BSOカウンター機 1台
吹奏楽部へ トロンボーン 1台
購入費用は合計で790,125円です。
7月3日石井会長より各部へ贈呈されました。
 
05月19日 平成25年度本部同窓会総会が開催されました。(2013年)
本年度は昭和61年卒業の(浮羽高校37回、浮羽東21回)鬼塚国大実行委員長の元、未来へつなごう!「信頼〜結束〜躍動」のスローガンを掲げ行われました。
総会には多数の来賓の出席の元、石井同窓会会長が日頃の協力に感謝の挨拶があり議案審議に移りました。
議案については5議案とも原案通り承認されました。
次に、恒例の記念講演に移り今年、ソフトバンクホークスを退団された小久保裕紀氏で「この一瞬に生きる」の演題で若いうちに目標をもち目標に向かって努力することを小久保氏の体験を交え講演されました。あいにくの雨の中、会場一杯の1300名の方が詰めかけ大盛況でした。
親睦会はマツヤウイングに移し、これまた昨年同様会場一杯の同窓生が集い、近況報告や情報交換などで盛会に終わることができました。
実行委員の皆さん!準備から本番まで1年間本当にお疲れさまでした。これを機会に61年卒の同窓生の輪が一層深まることを念じております。
実行委員引き継ぎ式 親睦会
 
05月11日 福岡支部同窓会総会開催(2013年)
今年は会場を福岡国際ホールにて福岡地区から98名の同窓生が集まり、開催されました。本部より7名参加。
清家会長より今年は若い人の参加が増え心強いとのご挨拶があり松岡事務局長より25年度の活動計画の提案があり承認されました。
会の祝宴では宝塚歌劇団78期生穂高ゆうさん(うきは市吉井町出身)のヴォーカルや恒例になった抽選会などがあり楽しい時間でした。来年も友人、ご近所の同窓生をお誘い参加しましょう。
 
05月07日 理事会開催(2013年)
議題1 総会の準備状況について、実行委員会より報告有。
昨年の反省点を改善する点で音響は後列にもわかるよう改善する。
雨天の場合には運動場が使えないことを想定して近隣の商店にも相談している。
講演時に学校の椅子だけでは不足するため200脚追加検討中。
講演会は講師の都合にて11時から12時までの1時間となった。
議題2 チケット販売状況について
総会券は講師が小久保氏でもあり順調である、親睦会券については現在集計中。広告については昨年実績を上回る状況。
議題3 総会議案について
24年度決算については収入の部で会費は1年生から500円に値上げで若干の増、繰入金は昨年の実行委員会より1100千円頂き300千増。支出では旅費、慶弔費、渉外費が予算オーバーし、生徒奨励費は県大会出場が少なく余剰が出た。
25年度運営方針についてはJR新駅設置について今期中を目標に期成会に格上げして早期実現を目指す。
25年度予算は会費値上げについては1、2年生が500円 3年生は現行の350円となりトータルで昨年より増。
支出については生徒奨励費を減額しその分、部活設備助成を増額する。
総会議案については原案通り理事会承認。
議題4 創立100周年事業引き継ぎ金について
現在の食堂、同窓会館の建物については最終的に県予算にて耐震補強することが決定した。引き継ぎ金の使途については今後の検討課題。
 
04月17日 正副会長会議開催(2013年)
本部総会に提案する議案について検討した。この議案については
理事会の承認を頂き総会に提案することになる。
 
04月17日 同窓会会計の監査が行われました。(2013年)
平成24年度収支決算、基本財産決算、周年事業積立金、100周年事業引き継ぎ金、100周年事業決算について監事の国武 確 氏、樋口 吉明 氏による監査が
行われ、いずれも収支とも適切で相違ないとのことでした。
 
04月09日 浮羽究真館高校第9回生として200名の皆さんが入学されました。(2013年)
田中学校長より校訓を守り共に喜びや悲しみを共有する真の友人を作るよう訓示、
石井同窓会長からは、県内有数の施設を持つ恵まれた環境の中で
知性と感性を磨き豊かな人間関係を築くよう、
祝辞がありました。
 
04月01日 教職員定期異動で学校長と教頭先生が着任致しました。(2013年)
学校長 田中 淳志 氏
教 頭 小関 和博 氏
     
このページトップへ
 平成24年度同窓会活動報告(最新順)
  
03月02日 合同ゴルフコンペが開催されました(2013年)
今年で第5回の同窓会、PTA、学校職員、 合同のゴルフコンペが浮羽カントリークラブで開催されました。当日は皆さんのご協力でなんと106名の盛会なコンペとなりました。シングルの人、今回初めてクラブを握った人などで好プレー、珍プレーに大きな歓声が上がり、楽しい一日を過ごすことが出来ました。優勝は柿原孝幸様(昭45年卒)でした。来年も多くの方が参加される様ご協力お願いいたします。
 尚、今回も鳥越製粉(株)様、紅乙女酒造(株)様、いそのさわ(株)様、(株)森光商店様各社よりたくさんの賞品を協賛して頂きました。
優勝の柿原様(左)
  
03月01日 卒業式が挙行されました(2013年)
浮羽究真館高校として第6回の卒業式が挙行され230名が卒業しました。
葉玉学校長より3年間の思い出やこれからの行動について送辞が述べられました。
又、石井同窓会会長より同窓会は過去から現在までに45,000名の卒業生を送り出し、全国でそれぞれに活躍している伝統ある学校である。皆さんも先輩に負けないよう社会に役立つ人材になることを期待しているとの激励の祝辞がありました。
尚、同窓会より卒業生全員に卒業証書ファイルを贈呈しました。
  
02月28日 同窓会への入会式がありました(2013年)
卒業式を明日に控え本日230名の同窓会への入会式がありました。
卒業生の代表宣言があり石井会長より伝統ある同窓会は各地区に支部やブロックがあり活動している。年一回開催される総会などに積極的に参加され先輩方と交わることも有益である等入会の歓迎挨拶がありました。
  
02月16日 東京支部総会が開催されました(2013年)
例年の通り神保町の学士会館にて83名の関東地区に在住の同窓生が参加され大変盛会な支部総会が開催されました。会式冒頭には集合写真撮り又この一年間に逝去された12名の方に黙祷がささげられました。
 橋詰支部会長の挨拶に続き葉玉学校長、石井同窓会会長より東京支部総会に対する祝辞がありました。乾杯は昭和28年卒の寺敷氏より絆をもっと大切にしようと心強いご発声で懇親会が始まり大先輩の彌吉 久様(昭20年卒)の尺八演奏、塚原曄子様(昭24年卒)のギター伴奏による独唱の披露がありました。最後は全員で故郷を合唱し閉会となりました。
 尚今年も(株)紅乙女酒造様、(株)いそのさわ酒造様より差し入れを頂き参加の皆様に抽選にてお持ち帰りいただきました。
東京支部総会  塚原曄子さんの独唱
  
01月25日 ブロック長会議を開催しました(2013年)
同窓会チケット発売開始日程等について
(1) 前回の理事会に保留していたが2月15日より発売開始とする
(2) チケットの発売目標について
実行委員会より目標数の説明があり了承。前年度の実績と開きがあるものもあり次年度より修正する。
(3) チケット販売状況チェック
第1回目 3月末
第2回目 4月20日
第3回目 5月10日
(4) 合同ゴルフコンペについて
別紙案内書の通り3月2日(土)に開催する。各ブロック、支部においても周知願い参加要請を願いたい。目標は30組 120名
  
12月17日 第2回理事会開催(2012年)
審議事項
来年度総会の準備状況について(実行委員より)
開催日 25年5月19日(日)
趣意書、実行委員会組織、今までの活動状況等について報告有。
講演会の講師は前ダイエーホークスの小久保裕紀氏に決定
チケット販売は2月からでもできる様であるが広報紙の発行の予定もあり1月の理事会にて決定することにした。
 
JR新駅推進状況
11月に高木うきは市長、楢原久留米市長(久大線活性化委員長)に要望書を提出した。
25年度は、より積極的に進め期成会までできるように進めたい。
 
同窓会名簿見直しについて
各支部、ブロック別にCDに作成した。それぞれに配布しますので逝去者、転居者、入居者等々調査願い、学年委員組織つくりに活用願いたい。
 
その他
学校よりクリアーフィアル(ロゴマーク入り)2000枚の要望有。費用は150千円
 
10月27日 関西支部の同窓会が開催されました(2012年)
 
10月20日 久留米支部総会が開催されました(2012年)
今年は浮高35回生、浮東19回生のお世話にて例年通りハイネスホテル久留米にて82名の同窓生が集まり盛大に開催されました。高野会長からは我々の郷土を襲った北九州水害に対するお見舞い、オリンピックでの日本選手の活躍、特に団体競技でのメダル獲得は絆が原点であり、同窓会も絆が深まれば大きな力を発揮することができるとのあいさつがあった。
乾杯のあとはビンゴゲームや校歌斉唱で楽しいひと時でした。
  
9月1日 大運動会開催されました(2012年)
雲一つない秋空の元、来賓、家族が大勢詰めかけ開催されました。
例年の通り、3組に分散し、(紅組、白組、ブルー組)競技し得点で勝負する対抗戦ですが、華は何と言っても応援合戦です、それぞれが舞台に演舞に競い合い一生懸命さは、見事で胸が詰まる光景でした。
白組の応援
 
7月31日 部活動設備品 贈呈式(2012年)
今年の設備は下記の部に決定し本日贈呈式を行った(2012年)
陸上競技部 ハードル 10台
バスケット部 液晶テレビ 1台
ブルーレイレコーダ 1台
写真部 デジタルカメラ 1台
吹奏楽部 クラリネット 1台
トランペット 1台
 購入費用は総額   825,000円
バスケットボール部へ液晶TVとブルーレイレコーダ贈呈
 
7月18日 24年度第1回理事会(2012年)
(1) 24年度本部同窓会の総括
最初に石井会長より実行委員会に対してねぎらいの謝意があった。
堤実行委員長より過去最高の実績が出せたのは皆さんの協力のお陰、お世話したことで自分たち同窓生の絆が深まったとの謝意あり。
倉冨事務局長より報告
本部総会参加者1283名、親睦会参加者588名であった。特に講演会は1200名の参加者で大盛況であった。
このような状況で同窓会への寄付金は総額1100千円とする。
 
(2) 25年度総会実行委員の紹介
実行委員長 鬼塚 国大(昭61年卒)
事務局長   行徳 安年(昭61年卒)
 
(3) JR新駅設置推進の状況について
駅の候補場所については当初案では厳しい見通しとなり再検討する。
協議会のメンバーに新しく吉本工業団地企業から2社、富永工業団地より1社参加いただいた。
近々 うきは市長、久留米市長に対して要望書を提出予定である。
 
6月9日 同窓会、PTAの合同学校視察(2012年)
学校の文化祭に合わせ学校視察を行った。特に2年4組の爪楊枝を使ったモザイクアートは見事であった。
爪楊枝を使ったモザイクアート
 
5月20日 本部総会が開催されました(2012年)
今年は昭和60年卒業の皆さんのお世話にて、(実行委員長 堤 豊仁氏)元気を出していこうみんなの力を集めて、のスローガンのもと開催されました。
総会においては第1号議案から第6号議案まで承認を頂きました。今年の講演会の講師は前宮崎県知事、東国原英夫氏を迎えて体育館満杯の1200名の聴衆に身振り手振りで知事時代の体験などを語り、楽しむことができました。
親睦会はこれまた600名の同窓生で会場いっぱいになり、料理があっという間になくなり追加に大変のようでした。
実行委員の皆さん1日お疲れ様でした。ありがとうございました。
本部同窓会総会模様 同窓会旗の引き継ぎ
 
5月12日 福岡支部総会が開催されました(2012年)
今年は浮高36回生と浮東20回生の皆さんが実行委員となりお世話いただき、市内ソラリアホテルに総勢87名の同窓生が参加され盛大におこなわれました。
今年の活動計画の組織強化の目標通り、学年幹事組織の活動の成果か、参加者がまんべんなく参加されているようです。その他、清家会長他役員の皆さんが活動対策を検討され実施されることで今後ますます発展されるものと確信しております。
 
5月9日 第5回理事会(2012年)
(1) 本部総会の実行委員会より総会の準備状況について
総会チケットの販売については5/7現在昨年の65%である。残る10日間、全力で取り組むよう石井会長より指示あり。
(2) 23年度の決算書、24年度の予算書、運営方針等について
決算書について
収入は実行委員会より予算より200千円上回る1000千円いただいた。
支出では生徒奨励金で県大会出場者が少なく余剰となった。
その他については予算と大きく変動はない。
役員選出について(案)
監事の高木氏が退任、新たに国武 確氏(昭和40年卒)同じく監事の武下 彩さんが退任、新たに日野 公晴氏(平成22年卒)を推薦。
平成24年度予算(案)
収入については同窓会費は24/4月から1年生が500円/月(2、3年生は350円)となり増える。
支出については前年度と大きく変動はない。
総会還元金について
従来繰入金で処理していたが24年度より雑収入にて処理する。
(3) その他
広報委員会にカメラを購入する(学校に保管)
各ブロックの活性策をとの意見に対して各ブロックは学年委員をぜひ検討してほしい。田主丸ブロックは今年から組織され成果が出ている。
 
4月9日  浮羽究真館高校第8回入学式(2012年)
第8回生として193名の入学式が行われました。これから3年間新しい仲間と学ぶことになりますが、各自、目標を定め毎日小さい積み重ねが大事との祝辞が石井同窓会長からありました。
このページトップへ
 
 平成23年度同窓会活動報告(最新順)
 
3月3日 第4回、同窓会、PTA、職員、合同ゴルフコンペ開催(2012年)
合同ゴルフコンペが97名の参加の元、夜須高原カントリーにて開催されました。当日は天候にも恵まれ珍プレー、好プレーも飛び出し大変にぎやかな一日でした。結果は以下の通りです。
優 勝 赤穂孝秀さん(昭58年卒)
準優勝 木下俊夫さん(昭33年卒)
3 位 林  武史さん(昭60年卒)
年々参加者が増え来年は100名を超える参加者を目標に皆さんのご協力をお願いいたします。
 
3月1日 第5回卒業証書授与式(2012年)
第5回卒業生220名に対して卒業証書が授与されました。
 
2月29日 同窓会への入会式(2012年)
明日卒業される220名の同窓会への入会式が行われました。浮羽究真館高校第5期生です。
石井同窓会長より3年間一緒に過ごした仲間との絆を大切にしてほしいとの歓迎の挨拶があり入会者を代表して藤木星伍君より今後も夢と希望を持ち努力を惜しまないとの宣言がありました。
 
2月25日 広報誌宇枳波第6号が発刊されました(2012年)
本年度より1回/年の2月の発行となりました。本部、支部の総会の模様、会員の寄稿、今年の本部総会のPR等の内容です。みなさんのご意見やご要望をお寄せ下さい。
 
2月3日 第4回臨時理事会開催(2012年)
24年度総会実行委員会より報告
総会時の講演者は全宮崎県知事、東国原 英夫氏に決定しました。
チケット(総会、講演会券及び懇親会券)は本日各ブロックへ渡され、
2月中に各ブロック別に総会を開催し、3月1日よりチケットの販売に
向けてスタートいたします。会員の皆さん販売にご協力をお願いします。
 
役員選考委員より途中経過報告あり
平川選考委員長より報告あり、現在選考中でもう少し時間を要するとの事。
 
合同ゴルフコンペについて
第4回ゴルフコンペは夜須高原カントリーにて3月3日(土)AM8時スタートで
開催されます。
現在参加者募集中で、参加締切は2月17日(金)です。
プレー代は9500円(食事代別)参加費は2000円です。
たくさんの景品を準備しておりますので、同窓生を誘って参加お願いします。
申し込みは学校事務局へ TEL 0943-75-3899
 
JR新駅設置推進協議会報告
1月30日に開催されました。概要は下記のとおりです。
各種資料の説明(久留米高校前駅事例、生徒の利用見込み、近郊集落や
工業団地の状況)
各駅設立趣意書。。。一部文言修正して承認
協議会会則。。。。。。一部文言修正して承認
協議会役員。。。。。。原案通り承認(会長は石井同窓会会長が就任)
駅の場所 資金について。。請願書の意見集約はできました。
 
広報誌発行の件
今年から1回/年の発行となります。現在2月29日の同窓会入会式に間に合う
よう広報委員会にて頑張っています。
同窓会員にはチケットと同時にできるよう3月初めには各ブロックに配布
予定です。
 
12月8日 第3回理事会開催(2011年)
 
24年度総会準備状況報告
次のような報告がありました
実行委員会組織がようやくできた
講演者については現在、前宮崎県知事 東国原氏の回答待ちである。
24年1月末までに返事ある予定。
チケットは講演者が決まり次第急ぐ。
広告のお願いは1月より開始したい。
 
役員選考委員会立ち上げ
24年5月は役員の任期満了となるため選考委員会を立ち上げました。
選考委員5名選出、浮羽ブロックの平川ブロック長が選考委員長で進められる
ことになりました。
 
JR新駅推進準備委員会について
11月22日に開催しました。
1月末までに協議会を開催すべく提案する議案について検討しました。
提案議案は趣意書、会則、役員委員 それぞれの案
協議会前までには 駅の場所、資金等について概要を提案できるように
検討することになりました。
 
同窓会会費の改定について
在校生からいただく会費については現在350円/月でありますが生徒数が
減少しこのままですと同窓会運営がたいへん厳しくなります。そこで周辺
高校の会費調査の結果、同程度の500円/月に24年入学の生徒から頂く
様、関係機関にお願いをしておりました。経済状況が悪い中、何かとご了承
を頂くことができました。
このページトップへ
8月19日 学校へ部活動助成品の寄贈式がありました。(2011年)
23年度は総額80万円の予算で下記の品を購入しました。
イ、 吹奏楽部 チューバ
ロ、 野球部 グランド整備用器具
ハ、 写真部 パソコン
それぞれに日頃より手入れし、大事に使ってください。
 
8月3日 平成23年度第1回理事会(2011年)
(1) 23年度同窓会総会の総括
冒頭石井会長より23年度実行委員の皆さんに慰労のことばあり。
次に23年度担当の佐藤実行委員長より忙しい1年であったが
懐かしい友達と再会でき、仲間同士の絆が深まり、母校への思いが
再確認できた。
続いて高武事務局長よりチケット、広告の販売実績の
報告があり、計画を上回る金額となり、同窓生の皆さんに感謝している。
これにより特別に東日本震災義援金として30万円を寄付することが
できた。
その決算書、当日の参加者数、役員名簿、活動内容、
総会総括、ブロック別総括等の報告書の提出があった。
(2) 平成24年度総会実行委員の紹介
次回の実行委員は浮羽高校36回生と浮羽東高校20回生の
お世話にて行われる。
実行委員長は浮羽高校卒業の堤 豊仁氏が就任され、
それぞれに挨拶がありました。
(3) その他
今年度部活動助成について
吹奏楽へチューバ、野球部へグランド整備器具、写真部へ
パソコンを寄贈することになり近々に贈呈式を行う予定との報告
葉玉校長より学校の状況について説明あり
落ち着いた環境で1学期を終えることができた。
3年生の8月に計画している勉強合宿には100名を超す
参加希望有。
部活動では陸上部から全国大会に出場する。
(400メートルハードル)
このページトップへ
6月17日 東日本震災に対する義援金のお知らせ(2011年)
  本年度の総会実行委員より総会収益金の中から義援金として
300,000円を預かりました。
先般の総会親睦会時の102,775円と合わせ、合計402,775円を6月
18日に石井会長が西日本新聞吉井支局に持参し委託いたしました。
実行委員のみなさん、同窓生の皆さんご協力ありがとうございました。
 
5月28日 吹奏楽部定期演奏会(同窓会後援)(2011年)
  第35回定期演奏会がうきは市文化会館にて行われました。
総勢47名の部員は会場いっぱいのお客様の前で日頃の練習の成果を
披露し、昨年よりパワーアップした見事な演奏で地元のお客様に
も満足していただきました。
 
5月16日 本部同窓会総会が開催されました(2011年)
  今年は浮高35回生と浮東高19回生のお世話にて佐藤茂和実行委員
長の下、「点から線、そして絆へ」をスローガンに総会、講演会、親
睦会が行われました。
石井会長のあいさつ要点
本年度から少子化に伴い新入生の定員は200名(40名減)となった。
少子化対策の一環として考えていたJR新駅構想を早急に推進する
必要がある。
同窓会館の建て替えの問題は、県の耐震構造検査の結果、補強工事
(費用は県負担)にて行うことになった。
 
総会
議長に浮高25回生の古賀郁生氏と浮東高9回生の麻生弘子氏を選出
し、執行部提案の議案が審議されました。審議の結果、原案通り承
認されました。
 
講演会
本年度は佐賀出身のがばいばーちゃんで有名な島田洋七氏の「がば
い楽しか人生の過ごし方」の演題で行われ、体育館満員の皆さんは
笑いと涙の楽しいひと時を過ごしました。
 
親睦会
会場をマツヤウイングに移し、会場は満員の同窓生で埋まり大変盛
会な親睦会となりました。
今回は東日本震災に対する義援金のお願いをし、お陰様で同窓生の
温かい志は102,775円にもなりました。ありがとうございました。
 
実行委員の皆さんは昨年から準備を進めていただき何十回もの会合
を重ね、チケットの販売や広告の受注に大変でした。この経験を今
後に生かしていただき社会や地域に貢献していただくことを祈念し
感謝の言葉といたします。
石井会長挨拶 親睦会
次回実行委員の皆さん 島田洋七氏へ記念品贈呈
 
5月6日 福岡支部総会が開催されました(2011年)
  今年も福岡市内西鉄ソラリアホテルにて開催されました。今年は
浮高35回生と浮東高19回生のお世話で開催され、本部からの参加
も含めて96名の同窓生が集まり大変盛大な支部総会となりました。
清家会長の歓迎のあいさつ、石井本部同窓会会長の祝辞、又来賓と
して、前参議院議員、渕上貞雄氏(浮高7回生)、今回福岡県議に当
選された中村誠治氏(浮高25回生)、今年4月に着任された葉玉大
作校長先生、それぞれに挨拶がありました。
親睦会では、久しぶりの再会に昔話に花が咲いているようでした。
 今年から事務局長が石橋隆男氏から松岡守昭氏(浮高34回生)に
バトンタッチされました。石橋氏は長年にわたりお世話を頂き」ご苦
労様でした。
このページトップへ
4月22日 正副会長会議、理事会が開催されました。(2011年)
  総会準備状況について実行委員会より報告
    広告協賛は昨年を上回る実績をいただきました。
総会、懇親会のチケット数は現在とりまとめ中です。
遠隔地からも、60万円強のご協力をいただいています。
地元新聞やテレビ(今日感テレビ)等でも総会の案内中です。
  * 9時30分開催の総会への出席者が少ないようです。各ブロック、
支部から最低50人程度の参加を呼び掛けてください。
  * 総会議長については昭和49年卒業の古賀さん、麻生さんです。
  総会提案の決算書、運営方針、予算書等について
    主な点については以下の通りです。
    決算書 総会還元金が計画より多くいただいた。+300千円
    運営方針 新しくJR新駅設置に取り組む
    予算書 総体的には前年並みの予算となっている。
    それぞれの提案については提案通り承認され総会に提案する。
  準会員の会費改定について 
    生徒数定数減に対する対応案について説明。資料は現行の通り継続
した場合のシミュレーション、筑後地区の高校の会費徴収状況で説明。 
  その他
    総会時に東日本災害に対して義援金箱を準備してお願いする。
    5月1日本校グラウンドにてラグビーの試合4試合あり。本校ラグビー部は
11時より出場します。応援よろしくお願いいたします。
 
4月7日 入学式が行われました(2011年)
  浮羽究真館高校、第7回生193名の入学式が行われました。生徒数は今年
から定員200名に対して193名となり、ややさびしい感じがしました。
しかしながら生徒代表の力強い宣誓や来賓の皆様からの激励もあり厳粛な
式典でした。石井同窓会会長からは志を高く持ち、人間関係を大切にし、日々
努力すれば大きな成果となる。身体も心も一番成長する時期でありこれからの
3年間を有意義に過ごしてほしいとの激励がありました。
新入生の皆さんの活躍を祈っています。
このページトップへ
 
 平成22年度同窓会活動報告(最新順)
3月5日 合同ゴルフコンペが開催されました(2011年)
  同窓会、PTA、学校の合同ゴルフコンペが日田国際ゴルフクラブにて開催
されました。当日は久し振りの青空の下、なんと総勢70名が参加頂き
和気藹々の中、好プレー、珍プレーが展開され大いに親睦を深める事が
出来ました。上位の成績は下記のとおりです。
 
  順 位 氏 名 グロス HDCP NET
  優 勝 西村 省三(高7)  93  22.8 70.2
  準優勝 伊藤 哲(東高5)  91  19.2 71.8
  三 位 石井 勝則 (高11)  92  19.2 72.8
   
  今回のコンペには(株)いそのさわ様、鳥越製粉(株)様、(株)紅乙女酒造様、
(株)森光商店様より沢山の商品を提供いただきました、ありがとう
御座いました。
   
3月1日 卒業式が行われました。(2011年)
  浮羽究真館高校の第4期生220名の卒業式が行われました。
横山校長より在校3年間の努力を称え、人間の可能性は無限である、
校訓の理念を忘れず今後とも努力し活躍を祈るとの挨拶がありました。
同窓会石井会長ほか、来賓の皆さんからも祝意が示されその後、卒業生代表、
父兄代表からお礼の言葉があり、厳粛な雰囲気の中1時間30分の式典が
終りました。
卒業生の皆さん今後の活躍を祈ります。
   
2月28日 校訓記念碑披露式がありました。(2011年)
  浮羽究真館高校の校訓であります、立志、練磨、不愧を刻んだ記念碑の
披露式がありました。
この記念碑は第1回生から4回生までの卒業生によって寄贈された大変
立派なもので玄関の前庭に建設されています。
 
  このページトップへ
 2月28日 同窓会への入会式が行われました。(2011年)
  明日の卒業式を前に220名の方が同窓会の正会員になられ、その入会式が行わ
れました。式典では石井同窓会長から入会を歓迎します、今後、浮羽究真館高校
卒業生の名を汚すことなく行動し、それぞれが目標を立て、努力し精進するよう
激励があり、それに対して入会者を代表し梅野和哉君より力強い代表宣言が
ありました。
 
   
 2月25日 理事会(2011年)
  平成23年総会準備状況報告
実行委員会より以下のとおり報告がありました。
    講演会の講師は島田 洋七 氏に決定しました。
    チケットの販売について各ブロック、支部に配布しますので宜
しくお願いします。3月15日以降、販売地区はオープンに
します。広告協賛についてはすでに進行中です。
    看板については現在取り付け中です。 
  広報発行について 広報委員会より
予定通り2月に完成。各支部、ブロックに配布します。
2月28日の入会式には卒業生にも配布します。
  その他
JR新駅について推進委員会より報告
資料がそろいましたので近々に協議会開催に向けて行動します。

合同ゴルフコンペについて
2月28日(土)日田国際ゴルフクラブにて開催します。現在70名近く
申込みがあっています。
     
12月15日 理事会(2010年)
   1 平成23年同窓会準備状況報告
高武事務局長より報告あり。趣意書、原稿の報告がありました。
組織についても完成しているので後日配布予定。
講演会の講師については講師を絞り現在交渉中とのこと。1/15頃までには、回答がある予定とのこと。
会費については総会券2,000円、親睦会券2,000円で進めたいとの
報告。
全体のスケジュールを作り、それぞれの責任者を決めチケットの販売に早く取り組めるよう要望した。
   2 JR 新駅の件
12月末を目標に資料作成し、1月より具体的に行動できるように予定。
   3 ブロック活性化方策について
活発な活動をしている組織を例に考えると、各学年毎の代表者を組織化
するのが一番効果がある、各ブロックに検討して欲しい。
   4 その他
    尾花 剛氏(浮羽高校4回卒)より絵画の寄贈があった件報告。
    同窓会ホームページは10月末に完成。11月より開設して
いる旨報告あり。
    部活動助成金でソフト部及び柔道部へ備品寄贈の報告あり。
    名刺広告の注意について
11月に民間の某社より勧誘あり被害が発生しております。
詳細は別項で報告していますのでご覧下さい。
各自ご注意願います。
    広報紙発行について広報委員会より
2月20日ごろ発行予定です。今年度より1回/年の発行です。
   
11月4日 絵画の寄贈(2010年)
浮羽高校第4回卒業の尾花 剛氏[太宰府在住]より絵画の寄贈を頂きました。60号の大作で題目は「白壁」です。
尾花氏は吉井町出身で、福岡市役所退官後は福岡市美術館の館長等を勤められ、又九州の各美術協会会員であり現在もご活躍中です。
寄贈を受けました絵画は校長室に掲げておりますので来校の節は是非ご覧ください。
尾花様、有難う御座いました。 
   
11月1日 同窓会ホームページ開設(2010年)
新規に同窓会のホームページを立ち上げました。順次内容を充実させて行きたいと思います。皆さんのご意見をお寄せ下さい。アドレスは下記のとおりですが浮羽究真館高校のホームページからもアクセスできます。
  http://ukkyushinkandos.huu.cc/ 
   
10月30日 関西支部総会(2010年)
今年は場所を変え、南本町船場の「湖陽樹」にて25名の参加で開催されました。参加者が少しずつ増えているようですが若い方の参加が少ないようです。
会は石井支部長の歓迎の挨拶、石井同窓会会長の祝意、近況報告で始まり、懇親会へ進み、例年のように中野元会長[中8回卒 95歳]持参の絵画抽選などがあり、和やかな和気あいあいの総会でした。
又、株式会社紅乙女様、株式会社いそのさわ様より焼酎、お酒の差し入れを頂き有難う御座いました。
最後に関西支部副会長に高校11回卒の久保田喜久雄氏が選出されました。
   
10月23日 東京支部総会(2010年)
東京支部の総会は今年も神保町の学士会館で行われました。冒頭、橋詰支部長よりの歓迎の挨拶の中で今年の猛暑の影響で体調不良で欠席される方が多く、80名の参加となりましたとの報告がありました。
石井同窓会長、横山学校長より祝意と近況報告があり親睦会に移りました。その中で特筆すべきことは今年97歳になられる[高女22回卒]伊地知様が元気で参加いただきました。
今年も株式会社紅乙女酒造様、株式会社いそのさわ様より焼酎、お酒の差し入れを頂き有難う御座いました。
  このページトップへ
10月16日 久留米支部総会(2010年)
久留米市内のハイネスホテルにて83名の同窓生が参加し盛会でした。冒頭、高野支部長より歓迎のあいさつがあり、続いて 石井同窓会長、横山学校長から祝意と近況報告がありました。途中ビンゴゲームなどがあり、なごやかな楽しい総会でした。
   
9月4日 大運動会(2010年)
今年のテーマ「ONE〜この一瞬のために」の元、浮羽究真館高校の全生徒が今年の猛暑の中、青春のエネルギーをグラウンドに注ぎ気合と迫力ある見事な運動会となりました。同窓会からも各役員、理事さんが参加し、昔を思い出し懐かしんでいたようです。
   
9月1日 学校へ部活動助成 寄贈(2010年)
同窓会の部活動助成費から備品を寄贈しました。 
  [1] 柔道部へ打ち込み用畳 10枚
  [2] ソフトボール部へキャッチャーミット道具、バット置き、テントを寄贈しました。
  各部とも日々練習を重ね県大会、九州大会を目指して頑張ってください。
   
7月23日 理事会開催(2010年)
  [1] 22年度総会の総括 赤穂事務局長より詳細な報告がありました。実行委員の皆さんの頑張りで過去最高の広告、チケットの販売収入でした。
実行委員の皆さん、お疲れ様でした。
  [2] 23年度実行委員の紹介
23年度は昭和59年卒[浮羽高校35回卒、浮羽東高校19回卒]のお世話です。
実行委員長は佐藤茂和氏[浮羽町]が就任されました。
  [3] JR久大線駅の件
現在資料の収集中との報告がありました。
  [4] 学校へ設備品 寄贈
同窓会の部活動助成費の中からラクビー部へゴールポストを寄贈致しました。今後は浮羽究真館高校でも公式戦が行われる設備となりました。
  [5] 広報委員会開催
今年から広報誌宇枳波は年1回の発行となり毎年2月末に発行されます。記事集め等に広報委員の皆さんが頑張っております、ご協力お願いいたします。
 
6月12日 吹奏楽部の定期演奏会開催
  例年開催されており、同窓会も後援しております。
日頃の練習成果を披露し地元の皆さんに楽しんで頂きました。 
   
6月9日 理事会開催(2010年)
  [1] 22年度総会の総括 武内実行委員長よりお礼の挨拶がありました。
  [2] 新理事の紹介
  [3] 小さな美術館めぐりの報告とお礼
   
6月5日 新校舎落成式典(2010年)
  平成17年より工事が行われていました新校舎が4月に完成し、本日落成記念式典が挙行されました。
これにより浮羽究真館高校は福岡県下でも有数の敷地と設備を有する学校となりました。
同窓会を代表して堤副会長が関係者にお礼、先生方、生徒諸君には一層の奮起を期待する旨お願いしました。
同窓生の皆さんも来校され新校舎を見学されたら如何でしょうか。
   
5月16日 本部同窓会総会開催(2010年)
  今年は昭和58年卒業[浮羽高校34回卒、浮羽東18回卒]の皆さんがお世話で武内実行委員長の下、「思いを一つに」をスローガンに掲げ、総会、講演会、親睦会が行われました。
  総会 執行部提案の議題については提案どおり承認されました。
  講演会 今年は元読売巨人軍の桑田真澄氏の講演で体育館には満員の聴衆が集まり桑田氏の軽妙な話術、又クイズなどを楽しみました。
  親睦会 場所を松屋会館に移し450名の参加があり久し振りの再会に話は尽きないようでした。
実行委員会の皆さん大変お疲れ様でした。
   
5月7日 福岡支部総会開催(2010年)
  福岡市内の西鉄ソラリアホテルにて開催され同窓生が65名集まり、冒頭、清家会長から歓迎の挨拶、同窓会の石井会長から祝辞と近況報告がありました。
懇親会ではビンゴゲームなどもあり盛会に終了しました。
   
4月29日 小さな美術館めぐりへ出展 (2010年)
  吉井町を中心に毎年行われている小さな美術館めぐりが今年記念すべき第20回を迎え、同窓会の資料館に保管する有志の寄贈品、絵画や彫刻などを出展することとしました。
新聞等でも大きく紹介され5月5日までに約1000名の来場者があり、大変盛会な展示会でした。
   
4月20日 理事会(2010年)
  [1] 平成22年度実行委員会より総会の準備状況の報告がありました。
  [2] 総会提案の議案書の検討を行い理事会での承認がありました。
   
4月7日 第6回入学式(2010年)
第6期生として240名[M-131名 W-109名]を迎え厳粛な入学式が挙行されました。同窓会より石井会長が新入生に祝意と激励の言葉を述べました。
   このページトップへ
 
Since 2010 Copyright© Ukiha Kyushinkan high school alumni association .All Rights Reserved